ページ 11

タグクラウドプラグインと、記事ランダム表示ブロックプラグインとの併用について

投稿記事Posted: 2020年2月12日(水) 10:00
by polka
タグクラウドプラグインで、結果ページの記事表示数が固定されてしまいます。

cms:countの値を99など大きな数字に変えてもダメで、
cms:count自体を削除しても同じでした。

同じページでランダム表示ブロックプラグインも使用しておりまして、
そこで設定していたcms:count="6"を別の数字にすると、表示数が変わりました。
(このとき、タグクラウドプラグインではcms:countを削除しています)

cms:lengthと同じように、他のブロックに影響を与えているような感じなのですが、
cms:countをブロック毎に独立して設定することは可能でしょうか?


ちなみに今は、cms:countに大きな数字を入れておいて、記事を多めに出力させておいた上で
不要な記事をCSSで非表示するようにしているので、実用上困っているわけではないのですけれど、
個別設定できる方が使い勝手がよくなると思っています。

ご検討よろしくお願い致します。

Re: タグクラウドプラグインと、記事ランダム表示ブロックプラグインとの併用について

投稿記事Posted: 2020年2月13日(木) 05:12
by inunosinsi
cms:countは高速化の為にページのテンプレートの一度目に発見したcms:countを記録して、以後のタグは読み込まないという仕様になっています。
元々プラグインブロックは一ページに一度だけ使用を想定して作られていて、その仕様を最適化するようにcms:countの機能が出来ました。

Re: タグクラウドプラグインと、記事ランダム表示ブロックプラグインとの併用について

投稿記事Posted: 2020年2月13日(木) 09:31
by polka
inunosinsi さんが書きました:cms:countは高速化の為にページのテンプレートの一度目に発見したcms:countを記録して、以後のタグは読み込まないという仕様になっています。
元々プラグインブロックは一ページに一度だけ使用を想定して作られていて、その仕様を最適化するようにcms:countの機能が出来ました。


なるほどです。
cms:count(とcms:length)は、(実用的な意味で)ページでの最初の記述が全体の設定となる、と覚えておきます。

ご教示ありがとうございます!


2020/2/18追記
「よく読まれている記事一覧プラグイン」および
「SOY CMS同一カテゴリーの記事一覧ブロックプラグイン」の2つを
タグクラウドプラグインと同時使用している場合、
各プラグインで生成されるリンク先URLに「/tag」が挿入されてしまうので注意が必要です。