「XREA+(プラス)」へ「SQLite版」を「CGIモード」でインストール成功

このレンタルサーバで動くのかとかインストールに関する質問など。
動作報告も大歓迎です。

「XREA+(プラス)」へ「SQLite版」を「CGIモード」でインストール成功

投稿記事by longarms on 2008年6月11日(水) 14:06

「XREA+(プラス)」へ「SQLite版」を「CGIモード」でインストール

  中の人に何回か問い合わせながら、なんとかセットアップできたので、
  記録を残しておきます。


  自機環境
    OS :Windows Vista Enterprise Edition

  インストール環境
    サーバー名:s343.xrea.com
    独自ドメイン環境でインストール

    P H P :5.2.5
    MySQL :5.1.22-rc
    SQLite:2.8.17

  「SQLite版」を「CGIモード」で動かす

    0.事前準備

      0-1.「SSHクライアントソフト」と「転送ソフト」を用意しておく。

          ・SSHクライアントソフト
            PuTTYjp http://hp.vector.co.jp/authors/VA024651/PuTTYkj.html

            ※初期設定はここを参考に
              http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/howto/isojima/putty/putty.html

            ※【重要】XREAのコントロールパネルから、
                「ホスト情報登録」→「SSH登録」ボタン
                これを行ってから、接続すること。
                 (初回もしくは、うまく接続できないとき)

          ・転送ソフト
            WinSCP http://winscp.net/eng/download.php
            ※Betaじゃない、Multilanguage installation packageを
             ダウンロードすること。
            ※お好みでFFFTPでも構わないが、WinSCPのほうが安定感がある。

          各ソフトの使い方は、Soy CMSのダウンロードページにある
          「XREA(PHP5.2が動くサーバ)へのMySQL版インストール解説(PDF, 800KB)」
          をダウンロードして、いじってみて慣れておくこと。

          ネット上にも、情報は転がっているので、その辺はセルフで。

      0-2.「.htaccess」をテキストエディタで作成
          内容:「AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php」の1行のみ
          用途:CGIモードで動かすため

      0-3.「php.ini」をテキストエディタで作成
          内容:「magic_quotes_gpc = off」の1行のみ
          用途:標準ページ作成時に更新ボタンを押すと「\」マークが増えるのを防ぐため
             (XREAの仕様による現象回避のため)

      0-4.「Archive_Zip」ファイルの用意
          用途:テンプレートパッケージを作成したりするのに使用

          http://pear.php.net/package/Archive_Zip/download
          上のリンクから、0.1.1をダウンロード

          あらかじめ解凍しておく。

          【重要】
            必要なのは「Archive」フォルダ以下

          ※解凍ソフトは、Lhaplusではうまく解凍できなかった。
           「+Lhaca」や、「解凍レンジ」で解凍できる。
           今回だけならば、「解凍レンジ」が使いやすい。
           解凍レンジは、Vistaではインストーラを右クリックで
           管理者として実行する必要があった。
           あとはデスクトップアイコンにドラッグアンドドロップで解凍できる。
           


    1.ダウンロードページから、「SQLite版 インストーラなし(tar.gz)」を
      ダウンロードする。
      http://www.soycms.net/product/download
     
    2.転送ソフトで、ダウンロードしたものをアップロードする。
      今回は、
        public_html/
          └ exsample.com/
        へとアップロードした。

    3.PuTTYjpで接続し、コマンドで解凍

      ・接続

        ユーザー名[Enter]
        パスワード[Enter]

        ※FTP接続の、ユーザーIDとパスワード。
         XREA+ 登録時のメールに記載されている。

      ・コマンド

        cd public_httml[Enter]                    (ディレクトリ移動)
        cd exsample.com[Enter]                   (ディレクトリ移動)
        tar xfz soycms_1.1.3_sqlite.tar.gz[Enter]       (解凍)
        ls -la[Enter]                           (リスト確認)

    4.手順0-2のファイル(.htaccess)を、転送ソフトでアップロード
      転送先は、手順2と同じで、
        public_html/
          └ exsample.com/

    5.手順0-3のファイル(php.ini)を、転送ソフトでアップロード
      転送先は、
        public_html/
          └ exsample.com/
              └ soycms/

    6.手順0-4のフォルダ(Archive)を、転送ソフトでアップロード
      転送先は、
        public_html/
          └ exsample.com/
              └ common/
                └ lib/

    7.ブラウザで「http://exsample.com/admin」を呼び出し、
      インストーラーを起動し、初期ユーザー名とパスワードを設定し、
      ログインする。

    8.あとは、Soy CMSのマニュアルを読んで、動かしてみる。
      http://www.soycms.net/man/

  おまけ

    1.【重要】「サイト管理」から「ルート設定」を行った場合は、
      インストールディレクトリにある「.htaccess」が書き替えられCGIモードではなくなるので、
      「.htaccess」をダウンロードしテキストエディタで、
      「AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php」  (CGIモードで動かすための呪文)
      「mod_gzip_on Off」  (No input file specified対策の呪文)
      の2行をファイル末尾に書き加える。(2008/06/25 加筆修正)


      ついでに、
      「RewriteRule ^(.*)$ index.php/$1」を
      「RewriteRule ^(.*)$ index.php?pathinfo=$1&%{QUERY_STRING}」
      に入れ替えて、インストールディレクトリへとアップロードする。
      ※バージョン1.1.4b以降では、最初からこうなっているかも

      これで、サイトに
      http://hogehoge.com/
      http://hogehoge.com/index.htm
      http://hogehoge.com/index.html
      http://hogehoge.com/index.php
      のいずれでアクセスしても、きちんとブラウザに表示されるようになる。
      
      トップページは、
      「http://hogehoge.com/サイトID/空白」としてページを作成しておけば、
      
      あら不思議、
      http://hogehoge.com/index.htm だろうが、
      http://hogehoge.com/index.php だろうが、
      きちんと表示されるということ。
      
      
      
      それと、「ルート設定」した、サイトのフォルダにある、
      「.htaccess」にも細工する。
      
      「サイトの」というのは、例えばインストールして、
      サイトを1つ作ったはずなので、そのサイトのことである。
      
      「main」というサイトを作ったのであれば、「main」というフォルダが
      インストールディレクトリに存在するはずである。
      (インストールディレクトリにある「.htaccess」じゃないので注意!!)
      
      では、サイトのフォルダ内の「.htaccess」ダウンロードをして、
      先頭に
      「Redirect permanent /サイト名/index.php http://hogehoge.com/
      を1行追加して、上書きアップロードする。
      
      この記述で、
      「ルート設定」を行ったサイトと、ページ作成のプレビューで表示されるサイトの
      URLが同一のものとなる。
      専門用語では、リダイレクトと呼ぶようです。

      わかりやすく言うと、
      ルート設定されたサイトURLは、「http://hogehoge.com」だけど、
      管理画面から見るプレビューは「http://hogehoge.com/サイト名/」が
      表示されるという現象がおきるので、
      管理画面でのプレビューも、
      「ルート設定」されたURLへと飛ばしちゃおうという設定です。

      (この記述をしないと、マニュアルにあるように、
      「ルート設定」のURLと、本来のURLへのアクセスで表示されるものとでは
      食い違いがあるので、

      「ルート設定」のURLへアクセスしてみると、
      CSSや画像等の表示に関してうまく表示されないといった現象が
      起きる場合があるようです。
      
      つまり、管理画面ではきちんと表示されていても、
      「ルート設定」のURLへとアクセスすると、「なんか変!?」となることが
      あるということです。
      
      なので、この処置を行います。
      
      画像やCSS関係で表示がおかしいときには、
      マニュアルにあるとおり、絶対参照とすることで回避できるようです。)

      (2008/06/25 加筆)
     
    2.試験的に、MySQL+モジュール版のセットアップした時に引っかかったところ

      ・複数のサイト運営はできない(MySQLとSoyCMSの兼ね合いで)

      ・パーミッション設定が必要(モジュール版の場合)

        サイト作成時パーミッション(サイト作成前にフォルダ作成する)
          public_html/
            └ exsample.com/           757
                └ mainsite/           757
                  └ .cache/          757
                  └ .template/        757
                  └ .plugin/          757
                  └ .entry_template/    757
                  └ files/            757
最後に編集したユーザー longarms [ 2008年6月30日(月) 21:21 ], 累計 13 回
longarms
 
記事: 12
登録日時: 2008年6月11日(水) 13:38

Re: 「XREA+(プラス)」へ「SQLite版」を「CGIモード」でインストール成功

投稿記事by okada on 2008年6月11日(水) 20:11

longarmsさん、詳細な説明をありがとうございます。
いくつか補足します。

■PEARのArchive_Zipについて
longarms さんが書きました:      0-4.「Archive_Zip」ファイルの用意
          用途:テンプレートパッケージを作成したりするのに使用

          http://pear.php.net/package/Archive_Zip/download
          上のリンクから、0.1.1をダウンロード

          あらかじめ解凍しておく。

          【重要】
            必要なのは「Archive」フォルダ以下

longarms さんが書きました:    6.手順0-4のフォルダ(Archive)を、転送ソフトでアップロード
      転送先は、
        public_html/
          └ exsample.com/
              └ common/
                └ lib/

ダウンロードした Archive_Zip-0.1.1.tgz を解凍すると
 ┬package.xml
 └Archive_Zip-0.1.1/
   └ Archive/
     └Zip.php
のようになります。このうちArchive以下を SOY CMS のインストール先のcommon/lib/以下に置いてください。
この場合ですと
 public_html/
  └ exsample.com/
    └ common/
      └ lib/
        └ Archive/
          └Zip.php
のようにしてください。

■.htaccessとルート設定について
longarms さんが書きました:  おまけ

    1.【重要】「サイト管理」から「ルート設定」を行った場合は、
      「.htaccess」が書き替えられCGIモードではなくなるので、
      再度、手順0-2のファイル(.htaccess)をアップロードする。

再度アップロードした場合「ルート設定」が効かなくなってしまいますので、
「ルート設定」を行った後、
ドキュメントルート(この場合は public_html/exsample.com/)直下の.htaccessに
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
を追記するようにしてください。
okada@株式会社日本情報化農業研究所

SOY CMS http://www.soycms.net/
SOY Shop http://www.soyshop.net/
SOY App http://www.soycms.net/extentions
開発ブログ http://www.soycms.net/blog/
Twitter http://twitter.com/SOY_CMS
okada
 
記事: 553
登録日時: 2008年6月07日(土) 00:49

Re: 「XREA+(プラス)」へ「SQLite版」を「CGIモード」でインストール成功

投稿記事by longarms on 2008年6月11日(水) 21:49

おかげさまで、快適に動作しています。
ところで、1点気になることが。。。

okada さんが書きました:再度アップロードした場合「ルート設定」が効かなくなってしまいますので、
「ルート設定」を行った後、
ドキュメントルート(この場合は public_html/exsample.com/)直下の.htaccessに
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
を追記するようにしてください。


「.htaccess」には、「ルート設定」は含まれていないようです。
なので、ルート設定を行った場合の対処は、自分の説明どおりでOKみたいです。

「ルート設定」直後に書き替わった内容は、エラー発生時のコンディションかなにかが入っているようです。

では、「ルート設定」はどこで管理しているのかということで、探したところ、
インストールディレクトリの、「index.php」に書き込まれるようです。
longarms
 
記事: 12
登録日時: 2008年6月11日(水) 13:38

Re: 「XREA+(プラス)」へ「SQLite版」を「CGIモード」でインストール成功

投稿記事by longarms on 2008年6月12日(木) 10:08

追加情報ですが、

サイトを「ルート設定」することで、希にですが次の症状が発生することがあります。


【症状】

  ・サイトを「ルート設定」する
  ・手順4(.htaccessのアップロード)を行う
  ・管理者のログイン画面を呼び出す
  ・IDとパスワードの項目の下に
   セッションセーブパスに関するエラーが表示されている
   
  といった症状が出ると、ログインボタンをいくら押しても、ログインできません。
  
  その場合、慌てず、次の操作を行います。


【対処】

  ・XREAのコントロールパネルから、
   「ツール」→「ファイル所有者の修正」ボタン
   を行い、しばらく待ってから、再度ログインを行います。

  壊れたと思って再インストールしないように。
  自分は、壊れたと思って再インストールを何度も行ってしまいましたが。。。
longarms
 
記事: 12
登録日時: 2008年6月11日(水) 13:38

Re: 「XREA+(プラス)」へ「SQLite版」を「CGIモード」でインストール成功

投稿記事by okada on 2008年6月12日(木) 16:58

情報ありがとうございます。
longarms さんが書きました:「.htaccess」には、「ルート設定」は含まれていないようです。
なので、ルート設定を行った場合の対処は、自分の説明どおりでOKみたいです。

「ルート設定」直後に書き替わった内容は、エラー発生時のコンディションかなにかが入っているようです。

では、「ルート設定」はどこで管理しているのかということで、探したところ、
インストールディレクトリの、「index.php」に書き込まれるようです。

うーん :?
「.htaccess」と「index.php」の両方がルート設定には必要なはずなのですが…。
支障はないですか?

「ルート設定」でドキュメントルート直下に作成される「.htaccess」は
RewriteEngine on
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/既存のディレクトリ名
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/既存のディレクトリ名...
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_URI} !/index.php/
RewriteRule ^(.*)$ index.php/$1
といったものです。

longarms さんが書きました:サイトを「ルート設定」することで、希にですが次の症状が発生することがあります。
【症状】

  ・サイトを「ルート設定」する
  ・手順4(.htaccessのアップロード)を行う
  ・管理者のログイン画面を呼び出す
  ・IDとパスワードの項目の下に
   セッションセーブパスに関するエラーが表示されている
   
  といった症状が出ると、ログインボタンをいくら押しても、ログインできません。

「ルート設定」を行った直後で、手順4(.htaccessのアップロード)を行う前にアクセスしたときに、セッションファイルがモジュール版PHPで作られてしまい、CGIモードの管理画面でセッションがおかしくなってしまったのかもしれません。
もしそうであれば、ブラウザの再起動やクッキーの削除でもログインできるようになると思います。
okada@株式会社日本情報化農業研究所

SOY CMS http://www.soycms.net/
SOY Shop http://www.soyshop.net/
SOY App http://www.soycms.net/extentions
開発ブログ http://www.soycms.net/blog/
Twitter http://twitter.com/SOY_CMS
okada
 
記事: 553
登録日時: 2008年6月07日(土) 00:49

Re: 「XREA+(プラス)」へ「SQLite版」を「CGIモード」でインストール成功

投稿記事by longarms on 2008年6月13日(金) 09:08

okada さんが書きました:「.htaccess」と「index.php」の両方がルート設定には必要なはずなのですが…。
支障はないですか?


今のところ特に問題は出ていないように思えます。
使い込んでいないので、思わぬところで影響が出る可能性はありますが。。。

なので、おまじないということで、
CGIモードで動かすためのコードを書き足す方法で対処しようと思います。

元記事の方も、時間がとれたら修正したいと思います。


okada さんが書きました:ブラウザの再起動やクッキーの削除でもログインできるようになると思います。


記憶が曖昧なのですが、ブラウザの再起動は試みたと思いますが、解決しなかったような気がします。
クッキーの削除は、そのときは思いつかなかったので、再度遭遇したときには試してみます。

情報ありがとうございました。 ;)
longarms
 
記事: 12
登録日時: 2008年6月11日(水) 13:38

Re: 「XREA+(プラス)」へ「SQLite版」を「CGIモード」でインストール成功

投稿記事by longarms on 2008年6月25日(水) 11:58

掲示板「運用・操作方法」の「サイトのルート設定について」の投稿を参考に
おまけの「1.」について追記を行った。

これで、この記事どおりに行えば、

XREA+、SQLite、CGIモードの条件で、完全な状態で動作するハズ!?
longarms
 
記事: 12
登録日時: 2008年6月11日(水) 13:38

Re: 「XREA+(プラス)」へ「SQLite版」を「CGIモード」でインストール成功

投稿記事by longarms on 2008年6月25日(水) 22:23

管理画面にアクセスして、サイト管理にログインしようとすると、
なぜか「No input file specified.」が出てしまう。

このため、インストールディレクトリに「mod_gzip_on Off」を追加。

それにしても、ん~、この件で、再インストールをしちゃいました。
それでも、解決しなかったので、
調べたら「mod_gzip_on off」で解決できるという情報を発見しました。

ネタ元はこちら
http://hikariworks.jp/blog/2007/09/22/symfony%E3%81%A7%E3%80%8Cno-input-file-specified%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC/

この件については、元記事に反映済みです。

これで、完璧インストールだといいんだけれど。。。 :o
longarms
 
記事: 12
登録日時: 2008年6月11日(水) 13:38


Return to 動作環境・インストール方法

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[2人]